愛知県豊橋市の鍼灸院です 腰痛・肩こり・むち打ち・頭痛・坐骨神経痛・全身疲労・リウマチなどさまざまな体の不調を軽減します。
院長ブログ

耳管開放症

「喉(のど)の痛み」のお灸

昭和の名灸師といわれた故・深谷伊三郎先生の書籍から、また興味深い記述がありましたので紹介します。 風邪などで喉が痛いとき、いわゆる咽喉痛を抑えるツボです。(耳痛にも効果ありとなっています) 手の平側で、中指の付け根の横ジ …

寒いと鬱(うつ)傾向になりやすいですよ。

最近、随分寒くなってきました。冬は陰(いん)の気が強く出てくる時期なので、相対的に陽(よう)の気が少なくなります。精神的にも、陽気がなくなり、陰気になってきます。元々、鬱(うつ)傾向にある人はより鬱っぽくなります。実際に …

11月8日は立冬でした。腎の気が高ぶる時期です

遅くなりましたが、11月8日が立冬で暦の上では冬に入りました。 冬は東洋医学では「腎」の気が高ぶってくる時期です。その為、「腎」や腎とバランスを取る関係である「心(しん)」に関係する症状が出やすくなります。 例えば腰痛、 …

疳の虫のツボ 身柱(しんちゅう)

子どもの疳の虫 第3胸椎と第4胸椎の間に「身柱(しんちゅう)」というツボがあります。肩甲骨に棚のような突起(肩甲棘)があります、左右の肩甲棘を結んだところです。疳の虫に限らず、自律神経に問題のある場合は、ほぼこのあたりが …

冬は腎の症状・腰痛・耳鳴り・難聴etc

11月7日は立冬で暦の上では冬に入っています。 東洋医学では冬は腎の気が高ぶってくる時期となっております。その為、腎に関係する症状、疾患が出現しやすくなってきます。 腎虚証ですと、例えば腰痛、背部痛、後頭部や後頚部の痛み …

時間と臓腑経絡の関係(子午理論13(三焦)

今回は「亥の刻(21時~23時)」です。 この時間は三焦(さんしょう)が強く働きます。 三焦とは、東洋医学独特の思想のより生まれた概念で、未だはっきりと明記した書物に出会ったことがありません。 東洋はり医学会の書物「わか …

時間と臓腑・経絡の関係(子午理論9(小腸))

今回は、「未の刻(13時~15時)」です。 この時間は小腸の気が強くなります。胃から送られた食べ物を固形物と水分に分ける仕事をします。 この時間に不調が起こる、更に便秘や下痢、耳の症状、寝違いなど後頚部の痛み、肩甲骨まわ …

時間と臓腑・経絡の関係(子午理論2(胆))

今回は子午の胆経です。 夜11時(23時)~深夜1時(子の刻)は胆の気が強くなる時間です。 この時間は身体の陽(表面)をめぐっている気が陰(深部)に入り、身体の修復と就眠する時間です。 このくらいの時間に寝ないと、身体が …

眼精疲労のツボ

眼精疲労のツボ 眼が疲れたときに、一般の人でも自分で出来る簡単な方法は、耳たぶのマッサージです。 耳たぶのほぼ中央に眼のツボがあります。耳たぶには眼のツボ以外にも頭部のツボなどもありますので、ストレスや、不眠、頭痛、耳の …

導引(どういん)の方法~「養生訓」より

導引(どういん)の方法~ 導引の法を毎日実行すれば、気がよくめぐり、食物をよく消化して積聚(しゃくじゅ)(かんしゃく)を起こさない。朝まだ床から起き出ないうちに、両足を伸ばし、濁った気を吐き出し、起きて座り、頭を仰向かせ …

1 2 »

アーカイブ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.